本文へスキップ

おかげさまで30周年 多摩・八王子市の保険薬局

医療みらい創生機構 FUKUOKA FUTURE TOUR

ツアーに参加して @

北原理事長が中心となり、「新しい医療」で日本を立て直すことを目的に設立された【医療みらい創生機構】が主催する医療みらいFUTURE TOUR。

4回目となる今回のツアーのテーマは一次産業である【農業】。

【医療×農業】というテーマを中心に食の安全について、そして【まちづくり】・【異業種とコラボレーション】を通し地域活性化を進める様々な取り組みを視察するため、農業の生産額が北海道を凌ぐ、第二位の地域である九州地方(ちなみに一位は関東地区)にて開催された。
根食社長のご厚意で、大竹常務とともに私、篠原も参加させていただいた。

ツアー前日15日。16日の早朝の便という事もあり、羽田空港のホテルに前泊。ホテルのバーに着いて早々、私の軽はずみな言動により、薬局管理者として自覚やお金という物の怖さを社長よりご指導頂き、私はその夜眠れず朝を迎えるというツアー幕開けとなった。


ツアー1日目。 朝7時過ぎ羽田より福岡へ向かう。

空港で軽めの朝食の後、今回のツアー参加者と合流し、チャーターバスの中で簡単な自己紹介。
約30名の参加者がおり、北原理事長主催のツアーなので医療関係者が多いと思っていたが、NECや大学教授、市議会議員まで多種多様の職種の方々が参加されていた。
医療関係者は我々と2名の歯医者のみであった。
医療関係者がいかに閉鎖的な空間で働いており、逆にいかに多くの業種が【医療】という分野に興味を持っているかというのを感じた。
自己紹介を終え約20分で第一目的地である南国興産株式会社が経営する地域アンテナショップ・グローウェルカフェに到着した。